5.婚姻届:日本人同士の婚姻(日本方式による創設的届出)

【届出条件】
(1)当事者双方が日本人であること
(2)婚姻年齢(男性18歳,女性16歳)に達していること
(3)重婚ではないこと
(4)未成年の子が婚姻する場合は,その父母の同意があること
(5)女性は再婚の場合,再婚禁止期間が終了していること
(6)当事者双方の関係が法定の近親者でないこと

【届出人】
当事者双方

【必要書類】(特に記載のない限り全てオリジナルが必要です)
(1)婚姻届書(当館備付け):3通
 ※成人の証人2名の署名,捺印(印鑑がない場合,拇印)が必要です。外国人が証人になることも可能です。
(2)当事者双方の戸籍謄(抄)本:各2通
(3)届出人を確認する写真付きの身分証明書(旅券,運転免許証など)
(4)印鑑(ない場合は拇印可)
※新たに本籍を設ける場合(夫婦のいずれも戸籍の筆頭者でない場合)で,夫婦の本籍のいずれとも違う市区町村に新たな本籍を設ける 場合は,必要書類の通数が異なりますので,当館領事班にご確認ください。なお,この場合,新本籍が本籍として登記可能かどうかを予め 本籍地役場に確認してください