2.国籍選択届

【届出人】
日本国籍を選択しようとする者
※届出人本人が必ず来館してください(代理人不可)
※その者が15歳未満のときは法定代理人(親権者等)
 
【必要書類】(特に記載のない限り全てオリジナルが必要です)
(1)国籍選択届出書(当館備付け):2通
 ※ 署名以外の部分は,代筆したもの又は記載済みの1通目をコピーしたものでも可。
(2)戸籍謄本:2通(原本1通,写し1通)
(3)届出人を確認する写真付きの身分証明書(旅券,運転免許証,SSSカードなど)
(4)印鑑(ない場合は拇印可)
 
【届出期間】
(1)昭和60(1985年)年1月1日以後(改正国籍法の施行後)に重国籍となった者
(ア)20歳に達する以前に重国籍となった場合 → 22歳に達するまで
(イ)20歳に達した後に重国籍となった場合 → 重国籍となった時から2年以内
        なお,期限までに国籍の選択をしなかったときには,法務大臣から国籍選択の催告を受け,日本の国籍を失うことがあります。
(2)昭和60(1985年)年1月1日前(改正国籍法の施行前)から重国籍となっている者
  昭和60年1月1日現在20歳未満の場合 → 22歳に達するまで
  なお,期限までに国籍選択をしないときは,その期限が到来したときに日本国籍の選択を宣言したものとみなされます。
 
 ※兄弟についての届出を同時に行う場合に,双方に共通して提出する書類があるときは,当該書類の原本は1通のみとし,残りの提出分については写しで可。