円借款「アグリビジネス振興・平和構築・経済成長促進事業」立上げ式の開催

2018/9/7
  


8月30日,マギンダナオ州コタバト市において,フィリピン共和国に対する円借款「アグリビジネス振興・平和構築・経済成長促進事業(Harnessing Agribusiness Opportunities through Robust and Vibrant Entrepreneurship Supportive of Peaceful Transformation:HARVEST)」の立上げ式が開催され,当館より森書記官,JICAフィリピン事務所より海老澤次長が出席しました。同式典には,被供与団体であるフィリピン土地銀行のほか,和平プロセス担当大統領顧問室(Office of the Presidential Adviser on the Peace Process:OPAPP)、ムスリム・ミンダナオ自治地域(Autonomous Region Muslim Mindanao:ARMM),マギンダナオ州,コタバト市関係者等が出席しました。

本事業は,日本政府からフィリピン土地銀行へ供与した借款を通じて、ムスリム・ミンダナオ自治地域及びその周辺地域における民間企業や農業協同組合に対し、設備投資や運転資金等、必要な資金を提供することにより,金融アクセスの改善、経済活動の活性化を通じた雇用創出及び生計向上を図り、もって同地域の平和と開発に寄与することを目的として実施されます。

紛争影響地域と呼ばれるミンダナオ島の南西部では,40年以上に及ぶ紛争の影響もあり,基礎的社会サービスやインフラの不足等の課題を抱えており,フィリピン国内で最も貧困率が高い地域の一つとなっています。また、中小の農業関連企業や組合による投資を更に呼び込むためには、長期資金へのアクセスを改善することが必要となっていました。今後は、本事業を通じた農業開発の促進が期待されます。