加納次席公使の第74回レイテ上陸記念式典参列について

 

      

 
10月20日、加納雄大 次席公使はレイテ州パロ市にあるマッカーサ上陸記念公園で催された第74回レイテ上陸記念式典に参列しました。本式典はレイテ州及びパロ市の主催によるもので、フィリピン政府関係者、日米豪の大使館関係者と第二次大戦の退役軍人が参列しました。

加納次席公使はスピーチの中で、「私たちが今日享受している平和と繁栄は、貴い犠牲に基づいていることを忘れてはならない」と述べ、この悲劇の後、フィリピンの人々が「寛大さと思いやり」を日本に示してくれたことに謝辞を述べました。

また近年、日本とフィリピンの防衛協力が発展していることに触れつつ、「今日、ここに代表されるすべての国は、自由、民主主義、法の支配といった基本的価値を大切に共有し、ルールに基づく国際秩序を支持し強化することにコミットしています。」と述べ、これらの国々との更なる協力の機会に期待を表明しました。

本式典に先立ち、加納次席公使はドミニコ・ペティラ レイテ州知事とレメディオス・ペティラ パロ市長を表敬し、歓待への謝辞を述べました。両者からはJICAを通じた日本の支援、特に2013年のヨランダ台風による荒廃からの復旧と復興支援に対する謝意が述べられました。