円借款「首都圏鉄道三号線改修計画」交換公文の署名

 


11月7日,羽田浩二駐フィリピン大使は,ロクシン外務大臣とともに,円借款「首都圏鉄道三号線改修計画」の交換公文(供与限度額約381億円)に署名しました。

首都圏鉄道三号線(MRT-3号線)は,マニラ首都圏内の高架鉄道3路線の1つであり,市内で最も交通量の多い道路上を通る幹線路線ですが,近年,適切な維持管理が実施されず,線路や車両が劣化し,輸送能力が低下するとともに,運行トラブルも頻発しています。本計画では,同線につき,我が国の知見・技術を活用した抜本的改修を行うことで,安全性,快適性及び速達性を向上させます。
 
マニラ首都圏では深刻な交通渋滞が慢性化しており,市民に負担を強いるとともに,多額の経済的損失が発生しています。フィリピン政府の強い要請のより実施される本計画により,市民生活の利便性向上するとともに,公共交通機関の利用が促進され,安定的な経済成長への寄与,環境負荷の軽減に寄与することが期待されます。