LRT-2号線鉄道システム起工式の開催

2019/4/16
  
  


  4月16日,リサール州カインタにおいて,LRT-2号線東延伸の鉄道システム整備工事の起工式が開催され,比側からはツガデ運輸大臣,日本側からは羽田大使他がそれぞれ出席しました。
  本工事は,円借款「マニラ首都圏大量旅客輸送システム拡張計画」(供与限度額約433億円)の一環として実施されるもので,マニラ首都圏の急増する交通需要に対応すべく,円借款で整備されたLRT-2号線(2004年全線開業)の延伸区間4kmに,軌道や電気・機械システム等を整備するものです。実施にあたっては,我が国は,円借款の供与による資金面での支援に加え,設計・施工における本邦技術の活用により,協力することとしています。
  式典において,羽田大使は,本事業は,LRT-2号線の潜在的な能力の活用を図ることで,より多くの通勤・通学者へより利便性の高い交通サービスの提供するものであり,我が国が,同線の開発に再び関与できることを嬉しく思う旨述べました。また,ツガデ運輸大臣からは,我が国の協力に対して,深い感謝の意が示されました。