DELSAサテライト倉庫開所式典

 
 
 
   7月1日、伊従誠公使は、ケソン市アギナルド基地に設置されたASEAN災害緊急ロジスティック・システム(DELSA)サテライト倉庫の開所式に出席しました。開所式には、アデリーナ・カマルAHAセンター(ASEAN防災人道支援調整センター)所長、フィリピン政府からデルフィン・ロレンザーナ国防大臣、リカルド・ハラド市民防衛局長官等が出席しました。
 
   DELSAは、ASEAN域内における災害発生時に、救援物資を迅速に被災地へ輸送するシステムの構築を目的としたプロジェクトで、日本政府が日ASEAN統合基金(JAIF)を通じて支援しているものです。フィリピンにサテライト倉庫が設置されることで、被災地へのより迅速な物資輸送が可能になります。
 
【参考】AHAセンター(ASEAN防災人道支援調整センター)
ASEAN域内の防災分野での協力と調整を促進し、国連等国際機関との連携を図ることを目的として、2011年11月にASEAN10か国により設立された政府間組織。