フィリピン船舶職員部員組合及び日比船員配乗代理店協会に対する外務大臣表彰

 

    10月1日(火)、大使公邸に於いてフィリピン船舶職員部員組合(AMOSUP)及び日比船員配乗代理店協会(PJMCC)に対する令和元年度外務大臣表彰授賞式典が行われました。式典では,羽田浩二大使よりコンラドオ・オカAMOSUP会長及びエドアルド・マネッセPJMCC会長へ表彰状が授与され,両団体の長年にわたる日比経済関係促進への尽力に対する謝意が伝えられました。
 
    我が国商船隊には、全乗組員のおよそ4分の3に相当する約3万4千人のフィリピン人船員が乗務しており、全海運業界のみならず、日本経済にとって不可欠な存在となっています。今回受賞した両団体は、当地船員の労働組合及び船主等へ船員を紹介する代理店の業界団体として、関係機関・団体と連携しつつ、質の高いフィリピン人船員の安定的雇用を実現してきた功績が評価されたものです。