【領事班からのお知らせ】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(その8)

2020/3/6
【ポイント】
●フィリピン保健省は,3月6日,フィリピンでの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症例2件を確認し,フィリピン国内の症例が5件となったことを発表しました。
●日フィリピンの保健当局は,フィリピン渡航歴のある新型コロナウイルスの患者について発表しました。
●皆様におかれましては,信頼できる情報源からの最新の情報の入手に努め,冷静に対応してください。万一,発熱や喉の痛み,咳等の症状がある場合には,あらかじめ医療機関に電話してから早めに受診するようにしてください。
 
本文:
フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

在フィリピン日本国大使館
 
1 フィリピン保健省は,3月6日,フィリピンでの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症例2例を追加確認し,フィリピン国内の症例が5件となったことを発表しました。発表の概要は次のとおりです。詳細は下記リンクのフィリピン保健省報道発表を参照願います。
 
(1)4例目の症例:日本への渡航歴のある48歳,フィリピン人男性。2月25日にフィリピンに戻り,3月3日,悪寒と発熱があったため病院で診察し検査したところ,3月5日にCOVID-19陽性であることを確認した。現在は熱帯医学研究所に入院し,状態は安定している。
 
(2)5例目の症例:国外への旅行歴がない,高血圧と糖尿病の既往歴のある62歳,フィリピン人男性。2月25日に咳があったため3月4日に検体を採取し,3月5日にCOVID-19陽性であることを確認した。
外国への渡航は確認されていないこの男性は,サンファン市のバランガイ・グリーンヒルズにあるイスラム教徒の礼拝堂を定期的に訪れていた。同礼拝堂を訪問した,かつ,発熱や呼吸器症状がある人は,適切な医療施設を照会するため,DOHホットライン(02)8651-7800,内線1149,1150に連絡していただきたい。
 
2 日本とフィリピンの保健当局は,次のようなフィリピン渡航歴のある新型コロナウイルスの患者についての発表をしました。
(1)ベトナム,カンボジア,フィリピン等に滞在し(フィリピン滞在は2月21日から2月28日まで),3月4日に日本に帰国した40代の男性(3月4日付け厚生労働省報道発表及び3月6日付けフィリピン保健省報道発表参照)
(2)2月20日から28日までフィリピンに滞在し,2月28日に日本に帰国した30代の男性(3月5日付け京都府報道発表参照)
(3)2月28日から3月3日までフィリピンに滞在した台湾人男性(3月6日付けフィリピン保健省報道発表参照)
(4)オーストラリアのシドニー在住の女性。2月13日にマニラ,パンガシナンを訪問し,3月2日にフィリピンを出発した。(3月6日付けフィリピン保健省報道発表参照)
 
3 皆様におかれましては,下記リンク先その他の信頼できる情報源からの最新の情報の入手に努め,冷静に対応してください。手洗い,健康管理,咳エチケット等は特に心がけてください。万一,新型コロナウイルス(COVID-19)に感染のおそれがあり,発熱や喉の痛み,咳等の症状がある場合には,あらかじめ医療機関に電話連絡してから,早めに受診するようにしてください。
 
●フィリピン保健省: https://www.doh.gov.ph/
 (新型コロナウイルス関連ホームページ) https://www.doh.gov.ph/2019-nCov
 (3月6日付け報道発表) https://www.doh.gov.ph/doh-press-release/DOH-CONFIRMS-TWO%20MORE-CASES-OF-COVID-19-IN-PH
●フィリピン外務省: https://www.dfa.gov.ph/
●フィリピン運輸省フェイスブック: https://www.facebook.com/DOTrPH/
●フィリピン入国管理局: http://immigration.gov.ph/
●フィリピン内務地方自治省: https://dilg.gov.ph/
●日本国首相官邸(新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~)
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html
●日本国外務省:
 (海外安全ホームページ(コロナウイルス関連情報)) https://www.anzen.mofa.go.jp/
 (フィリピンの主な医療機関のリスト)https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/asia/phili.html
※(新型コロナウイルスに感染のおそれのある人は,あらかじめ医療機関に電話連絡してから早めに受診するようにしてください。
●日本国厚生労働省:
 (新型コロナウイルス関連) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
 (報道発表) https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/index.html
 (3月4日付け報道発表) https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09966.html
 (3月5日付け京都府報道発表) https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000604587.pdf
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
  この情報は,在留届,メールマガジン及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。情報は同居家族の方にも共有いただくとともに,同居家族の方が本メールを受信していない場合は,在留届へのメールアドレスの登録,または当館メールマガジンに登録をお願いします。
   在留届( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/
   メールマガジン登録( https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/ph.html
 
(問い合わせ窓口)
○在フィリピン日本国大使館
住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines
電話: (63-2) 8551-5710
FAX : (63-2) 8551-5780
ホームページ: https://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
 
○在セブ領事事務所
住所:7F, Keppel Center, Samar Loop cor. Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City, Philippines
電話: (63-32) 231-7321
FAX : (63-32) 231-6843