外交分野における優れた業績に対するカルロス・P・ロムロ賞を羽田大使が受賞

2020/6/22
 外交分野における優れた業績に対するカルロス・P・ロムロ賞を羽田大使が受賞

   

 6月18日,羽田大使は,外交分野における優れた業績に対するカルロス・P・ロムロ賞の最初の受賞者に選ばれました。この賞は,ロータリー・クラブ・オブ・マニラ(RCM)がカルロス・P・ロムロ財団と協力し新設したものです。
 ウェブ授賞式において,ロドリゲスRCM会長から,「ロータリアンでもあったカルロス・P・ロムロ氏は,アジア人として初めて国連総会議長を務めたほか,フィリピン外務大臣を長く務めた人物であり,同氏の名前が冠された今回の賞は,フィリピンにおいて最も優れた外交官に与えられる賞である」との説明がありました。
 今回の羽田大使の受賞は,経済協力やインフラ開発等を通じた経済関係の強化,ミンダナオ和平プロセスへの貢献,人的往来の拡大等を通じた日フィリピン関係強化への功績が評価されたものです。
 ウェブ授賞式の様子は,次のRCMのフェイスブックに掲載されています。
https://www.facebook.com/RotaryClubofManila