フィリピンに対する新型コロナウイルス危機対応のための緊急支援(円借款)

2020/7/1
                                         

7月1日,羽田浩二駐フィリピン大使は,テオドロ・ロクシン外務大臣との間で,フィリピンにおける新型コロナウイルス危機対応のための緊急支援を目的として,500億円を限度とする円借款に関する交換公文の署名を行いました。
 
本円借款は,世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を受けた新たな「新型コロナ危機対応緊急支援円借款」の最初の対象国として,フィリピンに供与するものであり,フィリピンにとっても,我が国は、新型コロナ対応のための借款の供与を受ける最初の国となります。
 
本円借款による財政支援を通じて,フィリピンにおける感染拡大の抑制とともに,日本経済と密接な関係を有する同国の社会・経済の回復と安定及び持続的発展に寄与し,ひいては,日本経済の回復を下支えすることが期待されます。
 
本借款についての詳細は下記URLをご確認ください。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_008541.html