フィリピンへの警戒管制レーダーの移転

2020/8/28
フィリピンへの警戒管制レーダーの移転


  

 
 先般、日・フィリピン防衛装備品・技術移転協定に基づくフィリピンの警戒・監視能力向上に係る協力として、フィリピン国防省と三菱電機株式会社との間で同社製警戒管制レーダー(4基)を納入する契約が成立しました。

 本件は、平成28年9月に合意されたTC-90等の移転に続き、同協定に基づいて実施される移転案件であり、我が国から海外への完成装備品の移転としては初の移転案件です。

 本年1月にフィリピン・マニラで行われた日・フィリピン外相会談では、両国の安全保障分野における協力を更に強化していくことが合意されました。今回の移転案件により、我が国の戦略的パートナーであるフィリピンとの安全保障・防衛協力が推進され、ひいては我が国の安全保障及び自由で開かれたインド太平洋に向けた取組にも資することが期待されます。
 

(レーダーの写真はイメージです)