【領事班からのお知らせ】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(その81:期限が切れた再入国許可の更新)

2021/3/2
【ポイント】
●2月28日、フィリピン政府は、再入国許可証の期限が切れた外国人は、空港で更新できるようになったことを発表しました。
 
【本文】
1 2月28日、フィリピン入国管理局(BI)は、以下の内容を発表しました。
 
(1)有効なビザを持ち、再入国許可証(RPs)の期限が切れた外国人は、空港で必要な料金を支払うことでフィリピンに再入国できる。
(2)再入国許可証(RPs)は、フィリピンの永住者である移民ビザの保有者に発行され、特別返還証明書(SRCs)は、就労ビザ(9(g))や学生ビザ(9(f))の保有者などの非移民が取得する。
(3)上記の外国人は、再入国許可(RPs)又は特別返還証明書(SRCs)と移民許可証(ECC)を取得しない限り、出国することはできない。
(4)再入国許可証が失効した外国人が入国する際には、同許可証の更新費用の領収書を、入国管理官に提示する必要がある。再入国許可の支払い領収書の有効期間は、当該外国人の出国日から半年または一年間有効となる。
 
 今回の措置に関する不明点はフィリピン入国管理局(BI)又は在京フィリピン大使館にお問い合わせ下さい。
 
2 在留邦人及び短期渡航者の皆様におかれては、感染予防に万全を期すとともに、コミュニティ隔離措置、感染状況、医療事情、航空便、入国に係る規制(検査・検疫措置を含む。)等に関する最新情報に引き続き注意してください。
 
 
【関連情報】
・2月28日フィリピン入国管理局プレスリリース(期限が切れた再入国許可が空港で更新可能となった)
https://immigration.gov.ph/images/News/2021_Yr/02_Feb/2021Feb28_Press.pdf
 
+++++++++++++
【以下、新型コロナウイルス関連情報】
●当館ホームページ(フィリピン国政府の発表・関連情報等(フィリピンへの入国を予定の方へ):https://www.ph.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00309.html
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 この情報は,在留届,メールマガジン及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。情報は同居家族の方にも共有いただくとともに,同居家族の方が本メールを受信していない場合は,在留届へのメールアドレスの登録,または当館メールマガジンに登録をお願いします。
 
 在留届・たびレジ登録
(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/https://www.ezairyu.mofa.go.jp/ORRnet/ )
 メールマガジン登録( https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/ph.html )
 
 
(問い合わせ窓口)
○在フィリピン日本国大使館
  住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City,Metro Manila
 電話:(市外局番02)8551-5710
 (邦人援護ホットライン)(市外局番02)8551-5786
 FAX:(市外局番02)8551-5785
 ホームページ: http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
 
○在セブ日本国総領事館
  住所:7th floor,Keppel Center,Samar Loop cor. Cardinal Rosales Ave.,Cebu Business Park,Cebu City
 電話:(市外局番032)231-7321
 FAX:(市外局番032)231-6843
 ホームページ: https://www.cebu.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html 
 
○在ダバオ日本国総領事館
  住所:4th Floor, B.I. Zone Building, J.P. Laurel Avenue, Bajada, Davao City 8000
 電話:(市外局番082)221-3100
 FAX:(市外局番082)221-2176
 ホームページ:https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html