査証(ビザ)

2021/9/16

III 各種目的に応じた提出書類


※渡航目的に合致するものを下の中から選んでクリックし、必要書類を確認されましたら、必ず各種提出書類の補足説明を御覧いただき、各種必要書類に係る注意事項も確認して下さい。なお,渡航目的が複数に渡る提出書類があった場合は,対応するそれぞれの渡航目的について,審査を行います。

     1. 観光を目的とした短期滞在査証  ※現在、申請できません。
     2. 知人訪問を目的とした短期滞在査証 ※現在、申請できません。
     3. 親族訪問を目的とした短期滞在査証 ※現在、申請できません。
     4. 商用を目的とした短期滞在査証 ※現在、申請できません。
     5. 企業及び非政府組織/非営利組織等による会議出席を目的とした短期滞在査証 ※現在、申請できません。
     6. 在日米兵訪問を目的とした短期滞在査証 ※現在、申請できません。
     7. フィリピン在住の日本人の配偶者又は子に対する短期滞在査証 ※当館に事前に相談してください。
     8. 外交・公用査証
     9. 外交又は公用資格で滞在する外国人の個人的使用人に対する査証 ※当館に事前に相談してください。
    10. 在留資格認定証明書を有する場合の査証こちらもお読み下さい。
   ※「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」は、当館に事前に相談してください。
    ※上記以外の就労・長期滞在目的の申請は、現在、申請できません。
             ※有効期間を経過した在留資格認定証明書については、こちらを御覧ください。      
    11. 通過査証 ※現在、申請できません。
    12. 医療滞在査証 ※当館に事前に相談してください。
    13. フィリピン残留日系人のための査証 ※当館に事前に相談してください。
    14. フィリピン人親が日本人との間の実子を同伴して渡航するための査証 ※当館に事前に相談してください。
    15. フィリピン国民に対する指定旅行会社パッケージツアー用観光査証 ※現在、申請できません。
※数次有効査証を希望する場合は、必ず数次有効査証発給希望理由書及び要件に該当することを証明する資料を提出してください。審査の結果,数次査証が発給できない場合もありますが,一次(又は二次)有効な査証に必要な書類・資料を併せて御提出頂き,審査を受けることも可能です。※現在、数次査証は申請できません。


【短期間に複数回渡航するための数次短期滞在査証】
  1. 日・ASEAN友好40周年に伴うフィリピン国民に対する数次短期滞在査証 ※現在、申請できません。
  2. 商用等の目的で複数回渡航するための数次短期滞在査証 ※現在、申請できません。